1. Mods Clinic(モッズクリニック)大阪院TOP
  2. 診療内容一覧
  3. 大阪・梅田の脂肪吸引はモッズクリニック

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、吸引管(カニューレ)を用いて皮下脂肪を除去する施術です。
脂肪吸引に用いられる機器、吸引方法は様々あり、そのやり方によって結果にも大きな差が生じます。

脂肪吸引のメリット

ダイエットで困難な「部分痩せ」ができる

「ダイエットをしても顔周りだけ痩せない」「上半身の脂肪がつきにくく、下半身だけ太りやすい」といったお悩みをお持ちの方も多いはず。そういったお悩みに対して、食事制限や運動といったダイエットを取り入れるのは、あまり効率的ではありません。全身の脂肪を燃焼させるダイエットは「部分痩せ」が困難です。
その点、気になる箇所の脂肪だけを除去できる脂肪吸引は、部分痩せをお考えの方にぴったりの施術と言えます。

ダイエットで困難な「部分痩せ」ができる

即効性がある

手術で皮下脂肪を取り除く脂肪吸引は、短期間で痩身効果を実感することができます。
術後のダウンタイムがあるものの、当院で施術を受けられた方の多くは、最短で手術翌日、遅くても術後1ヶ月には痩身効果を実感されています。

即効性がある

施術した箇所はリバウンドしにくい

脂肪は小さな脂肪細胞が集まってできており、細胞が膨らむと太り、萎むと痩せる仕組みになっています。
この仕組みを踏まえてお話しすると、ダイエットは脂肪細胞を小さくして痩身効果を図っていくもので、脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らして痩身効果を得るものです。
一般的なダイエットで痩せた状態は、脂肪細胞ひとつひとつが小さく萎んだ状態とお考えください。ダイエット中の生活を継続すれば体型を維持できますが、生活を戻せば再び細胞が膨らんでしまうのはご理解いただけるでしょう。これが「ダイエットはリバウンドしやすい」と言われる理由です。
一方の脂肪吸引は、術後に脂肪細胞が大きくなっても細胞の数自体が減っているので、施術箇所は太りにくくなります。手術後も美しいボディラインをキープできる点も、脂肪吸引特有のメリットと言えるでしょう。

施術した箇所はリバウンドしにくい

脂肪吸引のデメリット

体重は大きく変わらない

脂肪吸引は、体重よりも見た目を変える手術です。脂肪は水よりも軽いので、手術で3,000ccの脂肪を吸引したとしても、体重が3kg減るわけではありません。
むしろ、術後はむくみによって一時的に体重が増加します(時間の経過とともに戻ります)。

体重は大きく変わらない

失敗のリスクがある

手術である以上、失敗のリスクはゼロではありません。特に脂肪吸引では、皮膚が凸凹したり、バランスが不自然になったりする失敗が起こっています。
これらの主な原因は、脂肪の取り過ぎや取りムラ。医師の技術不足によって生じる失敗ですので、経験豊富な医師のもとで施術を受ければ、失敗のリスクは大幅に下がります。
決して大袈裟ではなく、“脂肪吸引は医師選びが全て” と言っても過言ではありません。

失敗のリスクがある

ダウンタイムがある

美容整形の手術後は、ダウンタイム(体が回復するまでの期間)が付き物です。脂肪吸引の場合は、術後に内出血や痛み、腫れ、むくみなどが生じます。
ひと昔前は「脂肪吸引のダウンタイムは辛くて当たり前」とされてきましたが、現在は、技術次第で症状の程度を軽くすることが可能です。

ダウンタイムがある

脂肪吸引に用いる機器の種類

従来の脂肪吸引機器や脂肪溶解注射、当院が得意とするベイザー脂肪吸引の特徴を表で比較してみました。
当院が毎日行うベイザー脂肪吸引は、体の負担を抑えながら多くの脂肪を除去できます。

従来の脂肪吸引 旧型超音波吸引 脂肪融解注射 ベイザー脂肪吸引
(ベイザーリポ)
原理 脂肪を掻き出す 脂肪を超音波で
乳化し掻き出す
薬液で溶かし
吸収を待つ
脂肪をVASER波で
乳化し除去する
効果 ★★☆ ★★☆ ★☆☆ ★★★
内出血 多い 少ないがある ほとんどない ほとんどない
痛み 多い 少ないがある ない ほとんどない
日常生活制限 ある ほとんどない ない ほとんどない
術後の硬さ ある ある ない ほとんどない
麻酔 全身・局所 全身・局所 表面 静脈・局所
治療回数 1回 1回 5回以上 1回
治療時間(1部位) 数時間 数時間 数分 1時間半〜3時間程度
費用(1部位) 10~50万円程度 10~50万円程度 1回2~3万円 30万円~
効果には個人差があります

モッズクリニック大阪院の
脂肪吸引の強み

脂肪吸引とは、吸引管(カニューレ)を用いて皮下脂肪を除去する施術です。
脂肪吸引に用いられる機器、吸引方法は様々あり、そのやり方によって結果にも大きな差が生じます。

脂肪吸引の経験豊富な医師が担当

脂肪吸引の経験豊富な医師が担当

脂肪吸引・脂肪注入を専門とするモッズクリニック大阪院は、ドクター全員が1日3件前後の施術を担当しています。皮膚の質感や部位に合わせてテクニックを使い分け、患者様お一人お一人に適した「美しいボディライン」を実現します。

ダウンタイムを極限まで軽減

ダウンタイムを極限まで軽減

脂肪吸引を受ける上でネックとなるダウンタイムは、ドクターの技術や術後の処置によって軽減が可能です。当院はダウンタイムの根本的な原因を追求し、あらゆる工夫によって痛みや腫れ、むくみ、内出血を最小限に抑えています。

傷跡は「目立たない」「見えない」を徹底

傷跡は「目立たない」「見えない」を徹底

たとえ脂肪吸引で美しいボディラインになっても、傷跡が目立っては意味がありません。
当院は患者様の術後の未来を第一に考え、傷跡は極限まで小さく、体のシワや下着で隠れる箇所を選択します。

大阪院の脂肪吸引の症例写真

脂肪吸引の人気部位「顔」「二の腕」「お腹」「太もも」の症例写真をお見せしながら、美しいボディラインを作るコツをご説明します。

顔(頬・顎下)

多くの方が気にされる頬骨周辺は、脂肪吸引をすると頬がコケてしまう箇所。頬の高さは「若さの象徴」でもあるので、この箇所は吸引しません。
当院では、頬→口横の脂肪を適量吸引、顎下→脂肪を極限まで吸引することで、シャープな輪郭をデザインします。

  • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[46歳]1ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[46歳]1ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[46歳]1ヶ月】の術後写真

    施術者:宋貴彰/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●頬(両側)220,000円 ●顎下(二重あご)220,000円 ●頬+顎下352,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

  • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[22歳]1ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[22歳]1ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(頬+あご下)【女性[22歳]1ヶ月】の術後写真

    施術者:北條誠至/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●二の腕(両腕)220,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

二の腕・肩

二の腕の振袖部分だけでなく、腕を閉じた時に盛り上がる部分(肩)の脂肪も吸引するのがポイントです。肩周りのシルエットが大きく変わり、華奢なラインに仕上がります。
また、当院は肘のシワ1箇所のみの傷で脂肪吸引が可能です。

  • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[28歳]6ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[28歳]6ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[28歳]6ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●頬(両側)220,000円 ●顎下(二重あご)220,000円 ●頬+顎下352,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

  • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[39歳]3ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[39歳]3ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(二の腕+肩)【女性[39歳]3ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●二の腕(両腕)220,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

お腹・腰

お腹の脂肪吸引でも十分スッキリしますが「カーヴィーなくびれ」をご希望される方には、腰の脂肪吸引の併用をおすすめしています。当院が独自に開発した曲がりカニューレで腰・側腹部の脂肪を念入りに吸引し、女性らしいくびれラインをデザインします。

  • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]6ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]6ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]6ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●頬(両側)220,000円 ●顎下(二重あご)220,000円 ●頬+顎下352,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

  • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]3ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]3ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(腹部全体+胸下+腰)【女性[32歳]3ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●二の腕(両腕)220,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

太もも

太ももの内側は、皮膚のハリ感を確認しながら吸引していきます。外側、前側の張り出し部分も念入りに吸引しますが、太もも後面のお尻との境目は、お尻が垂れてしまう可能性があるので注意が必要です。
また、当院独自の新たな技術によって、傷跡を全く見えない位置に作ることを可能にしました。

  • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[21歳]1ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[21歳]1ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[21歳]1ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●頬(両側)220,000円 ●顎下(二重あご)220,000円 ●頬+顎下352,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

  • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[28歳]1ヶ月】の症例写真

    • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[28歳]1ヶ月】の術前写真
    • ベイザー脂肪吸引(太もも全周+臀部)【女性[28歳]1ヶ月】の術後写真

    施術者:長野寛史/問い合わせ:0120-900-524

    ベイザー脂肪吸引:体への負担を軽減した脂肪吸引術/モニター価格(税込):●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬)0円 ●二の腕(両腕)220,000円/副作用・リスク:術後には内出血や浮腫み、硬縮(皮膚のツッパリ感)、疼痛など

モッズクリニック大阪院の
脂肪吸引 院長のこだわり

モッズクリニック大阪院の脂肪吸引 院長のこだわり

「痛そう」「内出血が原因で周りにバレそう」「長期休暇が取れない」。
脂肪吸引をご検討中の方の多くは、ダウンタイムに対して何らかの不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。
まず、ダウンタイムの原因は大きく分けて2つあり、ひとつは手術によって体に負担がかかること、もうひとつは手術時に用いる麻酔液が体内に溜まることです。私たちは脂肪吸引専門クリニックとしてこれまで蓄積してきた経験とノウハウを活用し、術後の痛みや腫れ、内出血を最小限に抑制する手法を取り入れています。

具体的には、細いカニューレ(吸引管)を使用し、体の負担を最小限に。そうすることで痛みや内出血も最小限に留めることができます。
また、術後は2度にわたって麻酔液を絞り出すことで、術後の腫れやむくみ、痛みを軽減します。翌日のご来院が可能な方には、傷口を1日開けておいて麻酔液を極限まで放出する「翌日縫合」も行なうことで、症状の軽減効果がより発揮されます。

意外に腫れや痛みが少なく、内出血もすぐ落ち着く。それがモッズクリニック大阪院の脂肪吸引です。翌日・翌々日から仕事に行けるので、長期休暇を取る必要はありません。
脂肪吸引において、過去に苦い経験をされた方、興味はあるものの施術に踏み切れなかったという方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

モッズクリニック大阪院の
ダウンタイムへの考えと取り組み

「痛くてダウンタイムが辛い」とイメージされる脂肪吸引ですが、当院はダウンタイムを軽く・短くする工夫を行なっており、患者様からは「思ったより痛くなかった」とのお声を頂戴しています。

ダウンタイムの目安

脂肪吸引後は、筋肉痛程度の痛みと腫れが1週間ほど、むくみと内出血が2週間ほどで落ち着きます。
さらに、術後3週間より「拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる症状が出始め、術後3〜6ヶ月を目処に消失します。
拘縮とは、脂肪吸引で空洞になったスペースと皮膚がくっつく工程で皮膚が凸凹したり、硬くなったりする症状。皮膚の状態を見て不安になる方も多いのですが、脂肪吸引された方全員に生じる通常の経過です。皮膚が引き締まっている証拠でもありますので、心配ありません。

ダウンタイムの目安

ダウンタイムの経過:顔(頬・顎下)

他の部位に比べて吸引量が少ない顔の脂肪吸引。ダウンタイムが最も楽な部位で、手術はわずか15分〜20分で終了します。
顔がパンパンに腫れる術後の写真を見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、当院の施術でひどく腫れることはありません。

ダウンタイムの経過:顔(頬・顎下)

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細

痛 み 程度としては少なく、3日〜1週間で治まります。痛みに弱い方は鎮痛剤を服用ください。
腫れ
むくみ
手術当日はリスのように腫れますが、翌日には腫れが引き、フェイスラインがシュッとします。その後ぼんやりとした腫れ・むくみが生じ、1週間程度で落ち着きます。
内出血 個人差はあるものの、1週間時点で黄色の内出血がうっすらあり、徐々に消失していくイメージです。
拘 縮 術後3週間頃から皮膚のつっぱり感を感じるようになります。3〜6ヶ月かけて皮膚が引き締まり、さらに引き締まります。

ダウンタイムの経過:二の腕

顔の次にダウンタイムが軽い部位が、二の腕です。
施術の時期によって内出血を不安視される方も多いのですが、派手な内出血が出ることは滅多にありませんし、長期間の圧迫固定も不要です。夏の時期でも安心して施術をお受けいただけます。

ダウンタイムの経過:二の腕

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細

痛 み 筋肉痛に近い痛みを感じますが、手術直後から腕を上げることが可能で、翌日からのお仕事や生活(家事・洗髪など)にも支障ありません。
腫れ
むくみ
手術翌日は麻酔液が出てスッキリします。傷口を縫合すると徐々にむくみが見られるようになり、術後3日〜7日がピークです。特に肘のあたりがむくみやすいので、術後1週間まではなるべく圧迫着を着用ください。
内出血 術後1週間頃がピークで、この頃には色味が黄色に変化している方が多いです。

ダウンタイムの経過:腹部(お腹・腰)

お腹は吸引量や体質によって経過に個人差が出てくる部位ではあるものの、起き上がれないほどの激痛を感じることはありません。お仕事の内容にもよりますが、手術翌日からの職場復帰も十分に可能です。

翌日

まずは翌日の様子からご覧いただきましょう。お腹の脂肪吸引は「翌日縫合」を行なうことで、内出血や腫れ、痛みの度合いを大幅に軽減できます。

ダウンタイムの経過:腹部(お腹・腰)翌日

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
痛 み 筋肉痛程度ですが、強い痛みが伴う場合は無理をなさらず、鎮痛剤を服用ください。
腫れ
むくみ
少なく、普段よりもむくんでいる感じがします。
内出血 内出血が下に落ちてくる影響で陰部がむくむケースもありますが、時間の経過とともに改善されます。

1週間

続いて、術前→1週間の経過のご紹介です。

ダウンタイムの経過:腹部(お腹・腰)1週間

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
痛 み この頃には落ち着きます。
腫れ
むくみ
症状のピークです。既にお腹がほっそりしていますが、まだむくんでいる状態です。
内出血 腫れ、むくみ同様に症状のピークです。左の方は内出血の色味がまだらに変化しており、右の方は既に内出血が全体的に黄色に変化しています。

1ヶ月

十分な細さを実感できるようになってくるのが、術後1ヶ月。この時点で症状が続いているのは、拘縮のみです。
なお、拘縮が出ている時期は、皮膚に付いた線が残りやすい傾向にあります。一度洋服の線が入ってしまうと消えるまでに時間を要するので、ピッタリしたパンツは避けて、正しい姿勢を心がけてみてください。

ダウンタイムの経過:腹部(お腹・腰)1ヶ月

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
腫れ
むくみ
この頃には落ち着きますが、吸引量が多い方はまだむくみが出ている場合もあります。
内出血 皮膚の色味がまだらな感じや、つっぱり感がありますが、3〜6ヶ月を目安に改善していきます。症状のピークです。

ダウンタイムの経過:太もも

太ももは吸引量が多く、吸引範囲も広いだけあって、脂肪吸引の中でもダウンタイムが強く出る部位です。とは言っても手術当日から歩けますし、お仕事復帰は翌日または翌々日から可能です。患者様の中には「翌日から自転車に乗れた」と仰る方もいます。

翌日

まずは翌日の様子からご覧ください。写真の方は症状の度合いが通常よりも軽めです。もう少し内出血やむくみが出る方もいらっしゃいますが、「翌日縫合」で症状を抑えることができます。

ダウンタイムの経過:太もも 翌日

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
痛 み 筋肉痛に似た痛みで、歩行も可能です。トイレの際は痛みが生じることがあります。
腫れ
むくみ
普段よりも若干むくんでいる感じがあります。術後の身体は水分を溜め込みやすいので、こまめな水分補給を意識しましょう。
内出血 まだらに出ている状態です。

1週間

続いて、術前→1週間の経過のご紹介です。

ダウンタイムの経過:太もも 1週間

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
痛 み この頃には落ち着きます。
腫れ
むくみ
症状のピークです。
内出血 腫れ、むくみ同様に症状のピークです。内出血の色味が少しずつ黄色に変化し、術後2週間ほどで消失します。

1ヶ月

術後1ヶ月にもなると、痩身効果を実感できるようになります。この時点で症状が続いているのは、拘縮のみです。

ダウンタイムの経過:太もも 1ヶ月

※仕上がりではありません。完成は半年後になります

経過の詳細
腫れ
むくみ
この頃には落ち着きますが、吸引量が多い方はまだむくみが出ている場合もあります。
内出血 皮膚の色味がまだらな感じや、つっぱり感がありますが、3〜6ヶ月を目安に改善していきます。

ダウンタイム軽減のために行なっていること

「脂肪吸引のダウンタイムが少ない=細くならない」と認識されている方も多いかと思いますが、必ずしもそうとは限りません。
私たちは手術の結果をしっかり出すことを前提に、ダウンタイム軽減に有効な手術方法、術後の処置を取り入れています。

  • チュメセント液(麻酔薬や止血剤)の組成の工夫
  • 層に合わせた正確なチュメセント液の散布
  • 極細カニューレの使用
  • 湾曲カニューレの使用
  • 手術時間の短縮
  • 2度にわたる麻酔液の絞り出し
  • 適切な圧迫・固定
  • 翌日縫合

※翌日縫合は翌日の来院が可能な方にご案内しております。もちろん追加料金はありません。

脂肪吸引でよくある失敗と
当院の対処法

脂肪吸引でよく起こっている失敗トラブルと対策を、当院へ「他院修正」のご相談にいらした方の写真をお見せしながらご説明します。
他院修正には、凸凹や段差が出来てしまったので治してほしいというパターンと、取り切れていないのでもっと吸引してほしいというパターンがあります。

凸凹・段差が生じる

脂肪の取りムラがあると、凸凹・段差ができてしまいます。
特に、吸引範囲が広いお腹・太ももは取りムラが起きやすい部位。担当医には多くの経験と高い技術が求められます。

凸凹・段差が生じる
「凸凹」「段差」に対する当院の対策

まずは患者様お一人お一人の脂肪のつき方、筋肉の位置、骨格を把握した上でデザインを行ない、手術では特注のカニューレを用いて「取りムラのない脂肪吸引」を徹底します。
当院が使用する特注カニューレは先端に向かってカーブしているので、通常のカニューレよりも吸引範囲が広く、脂肪の取りムラを回避することが可能です。

「凸凹」「段差」に対する当院の対策

不自然な仕上がり

凸凹や段差もなく、一見普通に見えますが、よく見るとお尻の外側だけが盛り上がっているのが分かります。脂肪吸引というのは、ただ細くする手術ではなく、綺麗なスタイルを作る手術です。隣接部位とのバランスを考慮して施術を行わないと、ボディラインが不自然に見えてしまいます。

不自然な仕上がり
「不自然な仕上がり」に対する当院の対策

太ももの場合、脂肪のつき方によってはお尻も脂肪吸引した方が綺麗に見えるケースが多く、お腹の場合は腰の脂肪吸引を併用すると、より綺麗なボディラインに仕上がります。
当院は患者様のご要望を伺うだけでなく、全身のバランスを考えた上で、より美しく仕上がる施術をご提案します。

傷跡が目立つ

傷跡への配慮がない場合、跡が目立ってしまうことがあります。最終的な細さには直接関係しないものの、傷の位置や大きさは、患者様の術後の人生を大きく左右します。

傷跡が目立つ
「傷跡が目立つ」に対する当院の対策

太ももの場合、脂肪のつき方によってはお尻も脂肪吸引した方が綺麗に見えるケースが多く、お腹の場合は腰の脂肪吸引を併用すると、より綺麗なボディラインに仕上がります。
当院は患者様のご要望を伺うだけでなく、全身のバランスを考えた上で、より美しく仕上がる施術をご提案します。

「傷跡が目立つ」に対する当院の対策

※小さくて目立たない傷跡は、施術経験が豊富な医師だけが実現できる技術。「脂肪吸引しやすい場所」と「傷跡が目立たない場所」は同じ場所ではありません。
傷跡の位置はドクターの技術を見分ける要素のひとつになるので、施術をお考えの方は必ずチェックしてみてください。

細くならない

これまでの失敗は「取り過ぎ」や「取りムラ」によるものでしたが、「控えめ過ぎる脂肪吸引」が原因の失敗もあります。吸引量があまりにも少ないと、思った通りの痩身効果が得られません。

細くならない
「細くならない」に対する当院の対策

まずはカウンセリングで触診を行ない、どれくらいの脂肪が取れそうか、どういった仕上がりになるかをお話しします。
その上で、最大90%の皮下脂肪が除去できる「ベイザーリポ」を使用し、ボディラインの美しさを損なわないよう、なるべく多くの脂肪を吸引します。特注の極細カニューレを使用するので、細かい部分の脂肪も見逃しません。
ご要望があれば、実際に取れた脂肪を術後にお見せします。

各脂肪吸引施術の料金について

脂肪吸引のQ&A

脂肪吸引に関してよくいただく質問をまとめました。

  • カウンセリングはドクターが診てくれますか?

    もちろんドクターが担当いたします。
    カウンセリングは、患者様のご希望やお悩みを伺いながら、どんな仕上がりになるのか? どこから脂肪を吸引するのか? などをお話しする貴重な時間です。そのため、当院はカウンセリングに十分な時間を確保しています。
    また、カウンセリングを担当したドクターが、責任を持って施術まで担当させていただきます。

  • 他の患者さんに会うことはありますか?

    当院は完全予約制を採用しており、他の方と顔合わせすることはありません。患者様お一人お一人のプライバシーを守ります。

  • どの機械がおすすめですか?

    当院のおすすめは「ベイザーリポ」です。他の脂肪吸引の方法に比べ、ベイザーを用いたものは皮膚の引き締め効果が高く、結果的に仕上がりがより綺麗になります。
    とは言っても、医師がその機器の扱いに慣れていないと十分な効果を出すことができません。脂肪吸引は道具だけが全てではありませんので、担当医の技術・経験も大事です。

  • カウンセリングと施術を同じ日にできますか?

    可能です。遠方にお住まいで通院が難しい方にご利用いただくケースが多いです。
    術前のカウンセリングでしっかりとご納得いただいた上で、施術を行ないます。ご予約の際は、カウンセリングと同日施術希望の旨をお伝えください。

  • モニターは募集していますか?

    脂肪吸引のモニターは各部位で募集しており、必ず施術経験の豊富なドクターが手術を担当します。費用がお得なのは、新人ドクターが担当するからではなく、ブログやSNSに掲載させていただく代わりに、通常より費用を抑えた形でご提供しているためです。
    詳しくはモニター募集ページをご覧ください。

  • たくさん吸引してもらえますか?

    患者様のご要望に合わせて、なるべく多くの脂肪を吸引することは可能です。
    ただ、脂肪吸引は吸引量だけで結果の良し悪しを図れるものではないので、たくさん吸引したからといって綺麗になるとは限りません。
    当院は「吸引量の多さ」よりも「ボディラインが美しく見える仕上がり」を重視します。

  • 全身の脂肪吸引は可能ですか?

    もちろん可能です。
    ご希望される方の体重・脂肪のつき方によっては、安全性を考慮して施術を2回に分けて行なうことがあります(1度の施術における吸引量は、体重の1割までです)。

  • BMIが高くても脂肪吸引できますか?

    骨格や脂肪、筋肉のつき方は人それぞれですから、当院はBMIだけで施術可否を判断することはしません。
    お体の状態を診ないと確実なことは言えませんが、過去には「他院で断られた」と仰る方の脂肪吸引も多数経験しております。お悩みの方は一度カウンセリングにお越しください。

  • 術後もフォローしてもらえますか?

    脂肪吸引後の圧迫固定やダウンタイムなど、不安に思われることがあれば何でもご相談ください。手術を担当したドクターより、経過のアドバイスをさせていただきます。
    もし必要なお薬があればこちらからお送りし、ご来院が可能であれば実際の状態を確認させていただきます。

  • おすすめの術後ケアはありますか?

    自宅で行なうケアであれば、半身浴がおすすめです。体の血行を促進するとむくみが取れ、内出血の治りが早くなります。
    また、専用のサロンで受けられる「インディバ」もおすすめです。インディバとは、体を内面から温め、代謝を促進する施術です。術後の仕上がりがより綺麗になる効果はありませんが、ダウンタイム症状の早期回復効果が見込めます。

脂肪吸引に関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史 院長

患者様一人ひとりに
磨き上げた技術と信頼を。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格